更新履歴

久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

曰付別の更新チェックはカレンダーの曰付をクリック ▼

2013 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 04

2013年03月  の更新

前月     2013年03月   翌月 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PageTop 
ボーカロイド2(初音ミク)を手に入れるまで、ほとんどまともに作曲などやったことがなかった。
このソフトのせいで、なんだかDTMのまねごとに目覚めてしまったのだ。
実はコードの構成音とかコード進行の理屈なんかもあんまりわかっていなければ、録音やミックスのセオリーなんかも全く知らないで始めた。
世の中には「ボーカロイド処女作です」なんて言いながら玄人はだしの曲(曲自体といい音質といい)を作っちゃったりしている人がけっこういたりするが。
これがわしの最初の曲だ。いろいろ全方向に未熟な上、いい年をして力みあがった曲と歌詞が恥ずかしい。まあ、未熟さという点では今も大差ないが。


「消えそうな虹」

今も忘れはしない
あの空、遠い日
雨上がりの夕焼け
消えそうな虹

幼いわたしの手を
引いてく大きな背中
丘の上の我が家へ
続いてる道


重い荷物負って辛い坂道
泣き言も言わずに
幸せ願い


どうして想いは
とどかないのだろう
黙って振り返る
消えそうな虹


水溜りの小道を
このまま歩けば
帰り着ける気がする
わたしの家に

ささやかな想いも
かなわぬなら
人はなんのために
歩いてゆく?

どうして想いは
かなわないのだろう
手を伸べてもとどかぬ
虹みたいに


どうして人は生まれ来るの?
悲しみや苦しみを背負うために

どうして想いは
かなわないのだろう
手を伸べてもとどかぬ
虹みたいに

いつかは幸せ
つかめるだろうか?
虹はやがて夕日に
消えてゆく

虹はやがて夕日に
消えてゆく・・・


弾けもしないキーボードで一音一音、音を探しながらつくったら、妙な3拍子ロックができたのだった。
それからけっこうコンスタントに十何曲つくったが、ここ2年ほどは全くブランクが空いてしまい、すこし覚えたと思った曲作りもすっかり忘れてしまったのう。



関連記事
スポンサーサイト
PageTop 
通常はPCの前に座って、ひとつひとつ音を探しながら(音楽の基礎が無いからな)曲を作るのであるが、
ギターをダレーっと弾きながら作った曲もある。
・・・これがそうだ。

キミノカゲ ←クリックしてね。

「指癖」というのがあり、弾いていると、同じようなコード、同じようなフレーズばかりになってしまい(ようするに自分が弾きやすい方向に流れて行ってしまうのだ)自分で飽きてしまうのが常なので、あまりギターで曲を作るのは好きではない。ギター自体は好きなのだが。

ところで、いろんなギターを弾いた中で、宅録に向いていると思ったギターは、
エピフォン・カジノとスタインバーガー(実際に使ったのはスピリッツという安めのモデルだが)である。
カジノは、ビートルズが使用していただけあり、スイッチをどのポジションに持っていっても使える音がする。
一本あれば録音のときに欲しい傾向の音が出せて便利だと思った。
またスタインバーガーは、まずコンパクト(ヘッドが無いし)なのと、チューニングが鬼安定しており、
解放弦から24フレットまでムラなく音が出るので、これも一本あればだいたい宅録に事足りると思う。
弦が専用(両側ボールエンド弦)だったりするのがちょっとアレだが、手入れとか雑でも安定しているのが楽で良かった。飛行機にも持ち込めるぐらい小さいし。

ギターはしかし、練習しないと弾けないので(あたりまえだ)録音するときは大変だ。失敗するとやり直しだし。何十回も弾き直しとかありえないし。今のレコーダーだと、失敗したところだけ弾き直すのは、わりと簡単にできるが、勢いとか流れとかノリとか考えると、通しで弾きとおす方が良い気がする。早く終わるし。

打ち込みと比べると、雑さとか、ノイズとか、不安定さとかいろいろあるが、生弾きの味というものも確かにある。・・・しかし年に何回かしかギターに触らない現状だと、録音につかえない(下手すぎて)日もそう遠くない気がする・・・しくしく。

関連記事
PageTop 
変拍子の曲が好きなのである。変拍子というのは5拍子とか7拍子とか13拍子とかそういう、聞いていてややこしく、ノリにくいようなリズムの曲である。5拍子のジャズ曲「テイクファイブ」なんかはメジャーな変拍子曲である。
ただ、変拍子であればいいというのではなく、ポップで聞きやすいが、実は変拍子、というなのがいいのである。つくるならポップかつ変拍子、というのがいいのである。隠し味程度の変拍子であるが、だいぶん前にためしにつくってみたのが・・・これだ。

GGZ ←クリックして聴いてね。

歌詞とかいいかげんで恥ずかしいのでボーカルのレベルが低くなっている。
(ちなみにGGZとは「がごぜ(元興寺)」=おばけのことだ。)

好きなタイプのポップで変拍子な曲のお手本を例示してみるとこんな感じだ。
Limelight (ラッシュ)
妖精(ロカンダ・デッレ・ファーテ)
Aldebaran(まももPさん)
いずれの曲も拍子は変でわかりにくいが、ノリが良くていい曲だ。
(まももPさんはわしがとても好きなぼかろPさんで、どの曲をとっても美しくて心に響くので大好きである。まももPさんのCD

変拍子の曲を打ち込みでやっていると、途中で曲のどこにいるのかわからなくなってくる。また、ライブで演奏するのはとても緊張する。ちょっと間違えると他のパートとズレてしまいgdgdになってしまう。そういう緊張感を狙いにしている楽曲もあったりし(ZAZEN BOYSとか)それはそれで快感なのだが、自分としてはやぱり美しい変拍子曲というのを作ってみたいのである。
みたいのであるが、ねむいのでとりあえず今日もねるのである。オヤスミナサイ。
関連記事
PageTop 
ピアノとかキーボードは実はほとんどひけませぬ。どうせ作曲をやるなら、やっとけばよかったと思います。ギターてのは構造上メロディーと和音伴奏を同時に弾くのが難しい楽器なので(わしが下手なだけだという話かもしれんが)コード感というのか響というのかその辺のイメージがわきにくい。両手で弾ける鍵盤楽器は、作曲するときに、メロディーとコードの響きについていろいろイメージ膨らますのには、ギターより有利なツールという気がします。
弾けないキーボードを使って作ってみたデモ曲が・・・これだ。

[VOON] 言えなかった言葉 [BD2 - BD2]
うーむ。なんだかなあ。イメージ膨らますとか自分でいったわりにはあまり斬新なものにはなってないザンス。

最近はコンパクトで便利なキーボードもあって、下のAKAIのiPhone、iPodと繋ぐキーボードなんかは、DTMアプリと組み合わせると、旅先で曲作りができる立派なモバイル作曲ツールである。(キーボードが弾けたならば)つかってみたいものであるなあ。

関連記事
PageTop 
曲作りをはじめると、無謀な野望がわきおこってくる。大作、組曲をつくるのだ。・・・まあ、想像するのは自由じゃし。ロックで組曲とかいうと、わしの世代だとやっぱしプログレだ、ということでプログレっぽい組曲っぽいのに挑戦してみたのが・・・これだ。

終極のとき
中二と揶揄されてもまあ、事実だからしょうがあるまい。ミクの声を高く、超音波ボイスにしてみたらおもしろいかと思ったが、耳が痛いだけだった・・・。

プログレというと、長くて大仰で難解で、みたいなところもあるが、いろいろな要素が混在していて聞いていて飽きないところもある。宅録野郎たちにおすすめは、宅録プログレ、マイクオールドフィールドである。
エクソシストのテーマ曲(チューブラベルズ)の冒頭部分が有名だ。(このせいで、一時期、プログレ=恐怖映画のBGMみたいなイメージがあったりもした。)まあ、今の人からするとプログレなんていうのは昔の音楽なのかもしれないが。

マイクオールドフィールドはこちらmike oldfield
関連記事
PageTop 
お、こんなイントロのメロディーどうじゃろうか?と思いつき、早速デモをつくってみて、いざギターで弾いてみたら・・・弾けなかった。一気に心は萎えソロも適当に。というデモ曲が・・・これだ。

孤独のマァチ ←クリックして聴いてね。

マーチといいながら、シャッフルやん?とか、適当だからもうよろしい。

ギターを弾く者の端くれとしては、人のココロに響くようないいメロディを奏でてみたいといつも思ってはいるのだが、いざ、弾き始めると、想いと現実とのギャップに、アギャキャー!となってギターをたたきつけそうになるのだ。
Agyakyaaa
・・・ミッキー、キミもかい?・・・ッフ・・・。
だいたい、人のココロに響くような・・・とはどんな物なのか?・・・ううむ。人の印象に残るような?月並みでないとか?目立つとか?・・・よくわからん。せめて、ギターだけでも目立たせるとか・・・??(痛ギターのページにもどる。
痛いくいっぷメンツ・・・。

ESP × OVERDRIVE SPECIAL 紗理奈 Signature Model 〜BLACK LILY〜【2013年3月末まで受付】【受注生産品】【送料無料】

価格:
173,250円
(2013/03/18 02:12時点 )


【送料無料】スーパーラージスケールギターミッキーヴァイナルコレクティブルドールズ メディコムトイ/Guitar Mickey VCD Large Size Model【smtb-u】

価格:
29,400円
(2013/03/18 02:24時点 )

ロック・ハローキティ・ギター 【初心者・入門用ギター】

価格:
19,800円
(2013/03/18 02:27時点 )

関連記事
PageTop 
カバー。
名曲と言われる曲(言われてなくても自分で名曲と思っていればそれで良い)をカバーしてみるのは、アレンジとかいろんな事を学ぶのにとても良い。
ピアノのバッキングはどう弾いてるのかとか、ドラムはどんなパターンなのかとか、そいらが重なってこんな盛り上がりをつくってるのだなとか。
自分の好きな曲をやってみたのが・・・コレダ。

この曲は、バックにリトル・フィートという渋い(イナたい?)アメリカのバンドがついていて、なかでも故ローウェル・ジョージが弾くスライドギターは味がある。(遠くでフィーーーーとうなり続ける感じがなんというか聞いていて病みつきになる)

カバーするときは、できれば、譜面などにたよらず、自分の耳をたよりに聞き取ってみるのがいいと思う。自分で気付くことができた事は、自分の引き出しになる。耳の訓練にもなる。なるったらなる。ただ、どうしても聞き取れない和音とかやっぱしあるので、そういうときは誰かの作った譜面をちょこっと参考にしたり。

ところで矢野顕子さんはアクが強いけれども、あの自由奔放感とか、コードの響き感とか、ドライブ感がとても好きだ。

わしおすすめの名曲としては、この「電話線」のほかだと、「ただいま」なんか、もうほんっと好きすぎる名曲だ。フォーマットは当時いっしょにやってたYMOのテクノなだろうけど、無機質であるべきテクノがこんなにドライブしちゃだめでしょ?て感じでかっこよい。

というわけで、合言葉は、カバの顔面肉離れだ。(?)


矢野顕子の曲きくなら・・・これだ。




関連記事
PageTop 

前月     2013年03月   翌月 

プロフィール

やきぶたにいちゃん

Author:やきぶたにいちゃん
やきぶたにいちゃんはおっさん的な男である。
なんか創作する。きっとする。
惰眠をむさぼったりとかもする。

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。