FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【初音ミクが・・・】へ  【デモ曲(とどかない歌)・・・とどかんわ。】へ

DTMって

  • 【弾けなかったギター(デモ)】へ
  • 【曲スケッチ(タイトルまだ無し)】へ
今でこそ誰でもやろうと思えばできるDTMですが、昔は大変でした。
自動で演奏してくれる機械シーケンサーなんて無いので、多重録音ができるレコーダー(マルチトラックレコーダー、高かったです)に、
色んな楽器を自分で演奏して録音を重ねていかねばなりません。なんでも自分で演奏できる、演奏能力が必要でした。
ドラムなんかは演奏できないばかりか音もデカいので、プログラマブルなリズムマシン(TR-606とか)が出たときは有り金はたいて買いましたよ。

そんな時代に、DTMの走りというか、お手本として聞いていたのが、
アニメうる星やつらのBGMだったんですね。
安西史孝というすごい人がやっていたんですが、
TR-808というドラムマシンとシンセの多重録音でBGMをつくっておられたんですね。(多分)

このアニメの音楽はいろいろ画期的だったんですが、
たとえば、OP曲は、デジタルリズムマシンの走りだったリンドラムを日本で初めて使ったメジャーシングルだったとか(本当かどうかしらないですが)
映画版のBGMはこれも世界で初めてサンプリングシンセサイザー、フェアライトCMIのみを使って作られた映画音楽だったとか(本当かどうかしらないですが2)
アニメうる星やつらのBGM by 安西史孝↓





今はノートPC一台あれば、けっこうプロ級の音楽が作れてしまう環境が整ってしまいますが、
今、わしがあのころと違って素晴らしい音楽をポコポコ作れているかというとそういうわけではないので、
実際に名曲を生み出したりというのと、環境が恵まれているかどうかというのはきっと全く関係ないのでしょう。




関連記事
スポンサーサイト


【初音ミクが・・・】へ  【デモ曲(とどかない歌)・・・とどかんわ。】へ

~ Comment ~

ですよね! 

私は KORG DDD-1 でした。MTR時代ですね。

DOS期にはレコンポーザに ROLAND Sound Canvas です。

今は Cubase7 、MIDI は HALion SE の音源ですし、実音も VSP Amp のおかげで自由自在、、。
全く嬉しい限りです。

今を楽しみましょう!封印は解かれたと思っています。

DTM 

ロッシーどの。

こちらでもありがとうございます。
わしの方はシンセは借り物のCS-1とかだったでしょうか?
DOS期はヤマハ系のでした(名前わすれてしまいました)。

封印は解かれたというのはそうでしょうね。
解かれたのにまごまごうろうろしてる現状ですが、
ほんとにパーソナルかつフリーに音も映像も作れる時代になりました。
環境のせいとか言い訳ができないという面もありますが。

楽しみましょう。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事に卜ラックバックする(FC2ブログユーザー)

【初音ミクが・・・】へ  【デモ曲(とどかない歌)・・・とどかんわ。】へ

なんだこれは!?

Home 
Comic
Gallery
SiteMap

画像をクリックしても次ページは開きません。ページ移動は画面上下右のナビボタンで

作詞作曲

 もくじ

キーボードの  F11  を
クリックすると全画面で
表示されます。二回押すと元に戻ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。